京都市で慢性痛の改善に強く、女性からの人気が高い鍼灸整体院です

村瀬鍼灸整体院


自律神経と免疫とワクチン

免疫とコロナワクチン

vaccine_shinpai_oldwomants.pngコロナウィルスに対するワクチン接種が日本でもだいぶ、進んできました、2021,6月現在。世界レベルで見ると遅きに失しましたが、日本人の勤勉さと誠実さでいずれ、世界でも有数の接種済み国になり、集団免疫も得られるようになるのではないでしょうか。さて、ワクチンは言うまでもなく、ウィルスに対する免疫を高める最強と言われる手段ですが、ワクチンの効果を高める方法はないのでしょうか?

自律神経とワクチン

ワクチンは午前中に接種すると効果的

イギリスのバーミンガム大学のインフルエンザワクチン接種時のデータによると午前中にワクチンを打った人には、午後に打った人に比べて、有意に多くの抗体ができたそうです。この原因として考えられるのは自律神経の中で交感神経(午前中に活性化している)の働きによるものと考えられるそうです。つまり、午前中に打てなくても適度に交感神経を高めておけば抗体が多く作られ、免疫のアップが期待できる、ということです。

 

自律神経ー交感神経と免疫

交感神経の不思議

walking-11ts.jpg

交感神経というと戦うアクセル神経で、悪者のように思われがちですが、逆に適度に興奮していると免疫がアップして、それが健康を保つ秘訣です。例えば仕事で適度に緊張しているとき、スポーツを楽しんでいるとき、早めにウォーキングしている時、この時、自律神経ー交感神経は適度に興奮しています。時間でいうと日中です。

逆にダラーとしているとき、やる気のない時、不安な時は自律神経ー副交感神経モードで交感神経は活性化していません。時間でいうと夕方以降、夜です。

ただ、交感神経は働きすぎてオーバーヒートしやすい自律神経です。例えば緊張が長く続いて交感神経を長時間働かさせすぎると、逆に免疫は低下します。その他激しすぎるスポーツをする、仕事や家庭でも緊張、怒りが長時間続くと交感神経が高まりすぎて、眠れなくなったり、イライラしたりして免疫は低下します。

自律神経を活性化するには

プロのスポーツ選手や大きな大会前のアスリートはよく、風邪をひきます。これは交感神経が働きすぎて疲弊し免疫が低下した結果だといわれています。では、適度に交感神経を活性化して自律神経の働きを高め、免疫をアップするにはどうしたらよいのでしょうか?

軽い、うっすら汗をかくような運動やスポーツ、例えばウォーキング、ゆっくりジョギングをする。乾布摩擦もとても良いです、最近はする人が少ないですが。気持ち的には何か目的をもって毎日行動することが良いのではないでしょうか。気分に張りが出ます。

鍼灸と自律神経ー交感神経

csf.jpg

交感神経は背骨の両サイドにあります。鍼灸では督脈、といって背骨の真上やその横の膀胱経脈によく鍼灸しますが、これは交感神経を活性化します。昔から風邪の時にチリケ、といって第3胸椎の上にお灸をしますが、これはとても効果的で理にかなった鍼灸です。

整体と自律神経ー交感神経

整体でも勿論背骨を施術します。DRT整体では胸椎、腰椎を揺らして整えますが、この時痛みを感じる知覚神経と同時にその脇にある交感神経も活性化されるます。だから単に腰痛や肩こりだけでなく、自律神経症状にも効果を発揮するのです。
 

村瀬鍼灸整体院のご案内

住      所:
京都市南区久世殿城町84
アクセス:
JR向日町より徒歩12分

桂川駅より徒歩15分

阪急東向日駅より徒歩20分

お問い合わせ・ご予約
075-932-1634
営業時間:
午前09:00~12:00

午後16:30~20:00

休業日:
日・祝日:全休
水・土:午後休み
水曜午前は不定休、救急のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ