京都市で慢性痛の改善に強く、女性からの人気が高い鍼灸整体院です

村瀬鍼灸整体院


在宅ストレスと自律神経失調

コロナウィルスと在宅ワーク

OIPts.jpg新型コロナウィルスの蔓延で働き方が変わり、在宅ワークが増えています。その為慣れない生活様式で不調を訴える人が増えているそうです。
人との接触が減り、動かなくなり通勤も無くなり、その中でパソコンやスマホを見る時間が激増しているので、当然の結果でしょうか。

首コリと自律神経失調症、うつ病

松井孝嘉医師(東京脳神経センター所長)によると在宅ストレスのため首コリの方が激増しています。その結果、頭痛、めまい、血圧不安定,動悸、うつ病に悩む方が増えているそうです。(サンデー毎日2020年9.20号)
首コリ、という言葉は肩コリ、に比べてなじみが薄いですが、肩コリよりも首コリのほうがより問題を大きくします。なぜなら首、特に首上部には自律神経センターがあり、肩こりは筋肉性なのに対し、首の上部が凝ると自律神経のうち副交感神経が働きにくくなるそうです。

首コリによる不調

松井先生によると首コリの3大症状は自律神経失調、めまい、頭痛です。その他にも動悸、、血圧不安定、体温調節障害、微熱、胃腸障害など、ほとんどの不定愁訴が出る可能性があるそうです。何故なら首の上部にある副交感神経-リラックスする神経、が働きにくくなり相対的に交感神経ー戦う神経、が働きすぎになるからです。
東京脳神経センターではどこへ行っても改善しなかった自律神経失調やウツの患者さんに対して、入院してもらい首に電気治療をしたり鍼灸をして改善zaitakuts.jpgさせているそうです。

在宅ワークの方の自己防衛法

まず、長時間連続で座らないことが最重要です。長時間座ると死亡率まで上がるそうです(ノルウェーの調査、WHOの統計による)悲しいかな、日本はサウジアラビアと並んで座る時間が世界一長い国です。(アメリカよりも40%長い!)
30分に1回は立って首肩をぐるぐる回す、また下半身も大切、足をブラブラさせる股関節の体操をする。

 そして仕事中の姿勢ももちろん大切です。在宅ワークするときは猫背にならずに済むように、目の高さにディスプレイを置く。

セルフケア体操

nekozets.jpg首のコリを緩める体操です、パソコンやスマホする時間が多い方はやってみてください。症状のある方はやってみるといかに凝っているかがわかると思います。5分で済みますので簡単。1日2-3回する。
1.両指を組んで掌のお椀のくぼみを後頭部に当てる。左の図
2.息を吸いながら肘を閉じつつ体を前傾、右の図
3、息を吐きながら肘を開きつつ胸をそらす、左の図に戻る、最終段階で胸が広がり肩甲骨の間が狭まり後頭部と掌が押し合いしているはず。
4.この姿勢を10秒キープ
以上が1サイクルになります、これを5-10回繰り返す。

鍼灸、整体と自律神経失調

もちろんどうしようもない時や超多忙な方にとって鍼灸や整体を受療されるのは賢明な選択です。東京脳神経センターでも鍼灸治療を利用しています。鍼灸で首のコリを取り、整体で猫背になってしまった姿勢を改善されてはどうでしょうか。

村瀬鍼灸整体院のご案内

住      所:
京都市南区久世殿城町84
アクセス:
JR向日町より徒歩12分

桂川駅より徒歩15分

阪急東向日駅より徒歩20分

お問い合わせ・ご予約
075-932-1634
営業時間:
午前09:00~12:00

午後16:30~20:00

休業日:
日・祝日:全休
水・土:午後休み
水曜午前は不定休、救急のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ